最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー
    • カテゴリーなし

    デリヘル蕨とはいってもマタギ

    例えば蕨祭りの期間はその映像とベトナムでの血も凍るような惨劇のありさまが二重写しになっていく。マットは威嚇するように全身の筋肉を張りつめ、キッチンの床の上を歩きはじめた。デイディーはかすかに困惑した様子でマットにもらったネックレスに指先を巻きつけた。彼と並ぶといまにも壊れそうなもろい小さなキューピー人形のように見えた。「そういうことじやないの、マット。違うのよ」なんの前ぶれもなく彼の手が伸び、ネックレスを引きちぎった。ディディーは悲鳴を上げ、彼から逃げようとした。だが彼の動きは素早かった。彼に揺さぶられ、デイデイーは叫びはじめる。人妻の口は乾いていた。このシーンが嫌いだった。このすべてが厭わしかった。「カット!」デリヘル・ガイが大声でいった。デリヘル 蕨につき「窓のそばに影が入ってしまった」熟女好きな僕の声がセットじゅうに響きわたった。「ワンテイクですませるつもりだったのに!」人妻はよりによって最悪のタイミングでセット入りしてしまったようだ。まだ映画出演できる心境には至っていない。まして熟女好きな僕・コランダと共演できるはずもない。ロバート・レッドフォードとかパート・レイノルズなど、もっと感じのいい人が相手では、なぜだめだったのか。少なくとも人妻は熟女好きな僕に殴られるシーンを演じなくていいのだが、それでも彼と演じる場面のことを思うと、そんなことは慰めにもなりはしないpデリヘル・ガイが「静粛に」と声を上げた。衣装部の誰かがリンのネックレスを新しいものに替えた。人妻の手はじっとり汗ばみはじめた。「おまえは根っからのあばずれなんだな」マットが先ほどと同じ険悪な声でいった。そしてディディーに迫り、ネックレスを引きちぎった。ディディーは悲鳴を上げ、彼から離れようともがいた。

    カテゴリー
    • カテゴリーなし
    お気に入り